プロパティインスペクタについて

プロパティインスペクタは、よく使うプロパティなどを素早く変更するのに役立ちます。プロパティインスペクタが表示されなくなった時のトラブルシューティングも合わせて紹介します。

プロパティインスペクタとは

プロパティインスペクタとは、クラスや見出し・リンクなど現在選択しているオブジェクトに関わる使用頻度の高い項目を設定できるパネルです。通常、画面の左下に表示されています。HTML・CSS・ページプロパティなどを簡単に設定できます。文字などのオブジェクトにクラスを指定する時など、便利に感じます。コードビューにコピーアンドペーストで張り付けていくより、プロパティインスペクタで設定したほうが間違いが少ないと思います。デザインビューで範囲選択して、視覚的に確認できるのもメリットです。

プロパティインスペクタが表示されなくなったら

プロパティインスペクタが表示されなくなったら、一番最初に行うことは、[ウィンドウ]メニューで[プロパティ]コマンドにチェックがついているかどうか確認することです。チェックがついていなかったらつけましょう。
それでも表示されないときは、ワークスペースの初期化を行いましょう。初期設定はデザイナーです。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ