イメージマップ

イメージマップとは画像に領域を設定し、その領域をクリックすることで、その画像の内容に関連したリンク先に飛んでいく画像のことです。クリッカブルマップやホットスポットとも呼ばれます。

イメージマップの設定は簡単

Dreamweaverでは、長方形ホットスポットツール・円形ホットスポットツール・多角形ホットスポットツールで設定が可能です。

ホットスポットツールを表示する方法

イメージを選択します。すると、プロパティインスペクタが上下2段になり下段マップパネル左下にボタンが表示されます。2段にならないときはパネルが折りたたまれているので、パネルの何もないところをダブルクリックして、パネルを2段に広げます。
[挿入]パネルからは、[一般]カテゴリ[イメージ]の長押しから、[矩形ホットスポットの描画]・[楕円ホットスポットの描画]・[多角形ホットスポットの描画]から選択することもできます。

ホットポットツールの使い方

長方形・円形・多角形のボタンを押します。長方形ホットスポットツール・円形ホットスポットツールでは、画像上でドラッグ。多角形スポットツールは、何点かのクリックで範囲選択します。範囲選択したところの色が変わりますので、プロパティインスペクタ上段のホットスポットパネルでリンク先を設定します。リンクの直打ちでも良いですし、リンクの入力欄の右にある丸いマークをファイルパネルのリンクしたいファイルにドラッグ&ドロップしてもリンクを設定することができます。

広告

関連コンテンツ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ